MENU

仕事辞めたいと思って退職した体験談

 

働いていれば誰しも仕事を辞めたい、でも言えないという時があると思います。
かく言う自分も仕事を辞める事を考え、結果新しい会社へ転職する事になりました。

 

私はメーカーの営業マンをしていました。
営業成績は上位チームに所属する程で悪く無く、仕事自体も楽しく進めていました。
そんな私が退職を決意したのは、会社の行く末に不安を覚えたからです。

 

経営者に対して仕事の態度が悪いとは言えない

退職した会社の経営者は、外部から来たファンドの人間で、金儲けさえ出来れば良い、自社の製品やサービスについて何の興味も無いという人でした。

 

私は自社の製品が好きで一生をその仕事に捧げても良いとさえ思っていたのですが、そういった態度で製品自体をないがしろにされるのは、本当に我慢できない事でした。
とは言え、経営者に態度が悪いとは言えないですよね。

 

もう仕事を辞めたいと退職、今は転職先で充実しています

また、会社を私物化し、評価制度を捻じ曲げ、自分のお気に入りしか評価しないようになってしまいました。
社内では取り巻き達が幅をきかせ、仕事に対するモラルも、どんどん低下していきました。

 

そんな状況の中で、これ以上自分の時間を使うのは無駄だと考え、転職を決意し、今は別の会社で楽しく働いています。

 

仕事を辞めたいとなった時、考えなければならないのは、その状況に対して自分はどう出来るのかを考える事が重要です。

仕事辞めたいと思って退職した体験談の関連記事

会社が嫌で仕方ない40代
仕事辞めたいコラム